You are currently viewing 感じよく伝えるこは信頼関係を作る絶好のチャンス!

感じよく伝えるこは信頼関係を作る絶好のチャンス!

~本気で自分と向き合いたいあなたへ~
Attitude Consultantの今谷 久子です。  

相手のことで 
何か指摘したいときって
ビジネスや日常、
様々なシーンでありますよね!
 
そんなときの言葉選びって難しい….。
 
例えばこんなとき、
皆さんだったら相手にどう伝えますか?
 
電車で列に並んでいたのに、
横から割り込んで平気で
順番を抜かそうとしてくる人。
 
こんなとき、
「並んでください!」と言うよりも、
「ここ、並んでいるんですよ^ ^」と伝えると、
お互いがギスギスせず上手く伝えることができます。
 
相手に非があっても
「相手が悪い!」
と指摘するような言い方は控え、
サラリと伝えることがポイント!
 
なぜならギスギスした
雰囲気にならないのは
もちろんのこと、自分の怒りも
必要以上に上がらないので、
過度なストレスを感じなくて済むからです!
 
 
では、こんなときはどうでしょうか?
 
仕事で上司や先輩に、
さっきと言っていた指示と
違ったことを言われて困惑….。
 
 
その場その場で
言っていることがコロコロ
変わる方っていますよね^ ^;
 
黙っていつも従っていると
かなり辛いですよ!
 
我慢せず、言いましょう^ ^
 
 
この場合は、
「恐れ入ります、先ほど(以前)は〇〇と
伺っていましたが、状況が変わりましたか?」
 
という風に、サラリと確認をするような
イメージで相手に伝えましょう。
 
1番感じが悪いのが、
不満があるのに言葉で伝えることが
できなくて態度で表す行為。
 
スネているような態度、
ふてくされた態度をとることです。
 
このような態度は、
専門的な言葉で
【作為的(型)】といいますが、
言いたいことを言葉ではなく
態度で表し相手をコントロールしようとする。
 
もしくは、
相手に罪悪感をたっぷりもたせて
相手を嫌な気持ちにしてしまいます。
 
こんな態度をとってしまうと、
 
その人との関係性が
崩れるのはもちろんのこと、
自分もイライラするのでストレスが
溜まり何もいいことがありません。
 
 
相手を不快にさせず
きちんとした姿勢で相手と
コミュニケーションをとることは
互いにとって話し合やすい環境をつくり、
信頼関係を作る絶好のチャンスとなります。
 
 
日常やビジネスのシーンで是非、トライしてみてください。
 
 
本日も最後までご覧いただき、
ありがとうございました。
 
 
信頼関係

コメントを残す